メディアキット

メディアやSNS等で (ふつうの)マヨネーズについて紹介頂く際にご利用頂けます。

ブランド紹介文

あなたはまだ、マヨネーズを食べたことがないかもしれません。 たとえば、賞味期限をなるべく長くする。たとえば、原価をなるべく低くする。 大量生産大量消費という考え方は、マヨネーズからその繊細な風味を、 いとも簡単に奪ってしまうからです。 私たちのマヨネーズは、賞味期限は短く、不便です。 トリュフのような仕掛けもありません。価格だって、決して安くありません。 でもだからこそ、実現できる風味があります。 マヨネーズなのに、透明感があって、マヨネーズなのに、メインを台無しにせず、 マヨネーズなのに、毎日でも決して飽きることがありません。 いや、むしろこれがふつうのマヨネーズなのです。 僕らのふつうをおすそ分けさせてください。 sioオーナーシェフ 鳥羽周作

キービジュアル

シェフ紹介

1978年生まれ、埼玉県出身。Jリーグの練習生、小学校の教員を経て、32歳で料理人の世界へ。2018年、代々木上原にレストラン「sio」をオープンし、ミシュランガイド東京で2年連続星を獲得。また、業態の異なる5つの飲食店(「o/sio」「純洋食とスイーツ パーラー大箸」「ザ・ニューワールド」「㐂つね」)も運営。書籍、YouTube、各種SNS などでレシピを公開するなど、レストランの枠を超えたいろいろな手段で「おいしい」を届けている。2021年4月、博報堂ケトルとチームを組み、食のクリエイティブカンパニー「シズる株式会社」を設立。モットーは『幸せの分母を増やす』